J’s Bar:有楽町

ウイスキー&カクテルバー

赤坂で20年・・・本格ショットバー〔J’s Bar〕の有楽町2号店。気心のしれたご友人達との集まりの場としてご利用下さい。お一人様も歓迎いたします。

  • 住所
    東京都千代田区有楽町1丁目6-5  マイアミ日比谷ビル B1
  • 電話
    03-3501-3700
  • アクセス
    JR線 有楽町駅 日比谷口より徒歩3分/東京メトロ 日比谷駅 A4出口より徒歩0分/東京メトロ 銀座駅 C1出口より徒歩1分
  • 営業時間
    【月~金】 19:00~05:00 /【土】 19:00~03:00
  • 定休日
    日曜/祝日
  • 予算の目安
    3,000円以上~5,000円未満
  • 客席数
    34席
  • 備考
    予約可  お時間・日程次第でお受け致します。ご相談下さい。
    禁煙席なし 
このお店を
スマートフォンで見る
バーコード対応スマートフォンをお持ちの方は、
スマートフォンからアクセスできます。

クチコミ情報:J’s Bar:有楽町

  • 接待後、全く飲んだ気がしなかったため、BAR NAVIにて検索。静かに、遅くまで飲めるところにて選択。梟の森さんの口コミも参考にして入店。雰囲気等々のお店の描写は、前出の口コミ通りで、私が書くことは無い。バス・ペール・エールを皮切りに、自分時間へ潜行開始。テンダーダーの方との小気味好い、本当に付かず離れずのいい塩梅の距離感が楽しめる。次のシングルモルトを選ぶ際、一見の客が無茶振りをした。1、最高にピートの香りを楽しめるもの2、ウイスキーがあまり得意でないという人に好きになってもらうために是非とも飲んでもらうとしたら、と2種類をお願いした。ハーフショットで出してもらったのは、1はARDBEG UIGADAIL、2はTHE GLENLIVENT 12年。評論家ではないのでお味は自身で堪能して欲しいが、この2つのウイスキーは同じシングルモルトという括り方をしては収まらない次元が違う飲み物だと思った。ここで、バーテンダーの“イイ話し”が聴ける。私はこの時点でもうお気に入り確定。この2品をゆっくり楽しんだ後、次は何処のBARでも必ず頼む品、ギムレット。カウンターの遠くからハードシェイクする楽しいリズムの音が聴こえる。氷は適度な丸さを持ち、しっかりとした層をなす。どこぞの超有名店と遜色ないと思う。最後の品も、無茶振りを。。スーパーにドライなマティーニを、と。ここでも、sugarなバーテンダー(行けばこの意味は分かります)の無茶振り返しにあって、私はノックアウト。上品なスーパードライマティーニ。次回は、その奇抜な飲み方(何通りかある、とだけ記載します)を楽しみにして、ドアをくぐろうと思う。とっておきにしたい、そんな貴重なお店である。
    投稿者:プッチン ♪ (30代/男性)
  • BARが好きで、色々足を延ばしているが、落ち着いて酒が飲める良いBARを見つけた。サービスやカクテルのレベルがしっかりしているのは前提ではあるが、この界隈のBARより、飲み手目線だなと感じたのは以下の点。・店内は広いが、隅々まで目が行き届いている・メニューがある・レシート(明細)が貰える・トイレがいつも清潔・スカしていない。気の利いた“一言”がある。・界隈ではめずらしく、5時まで営業を行っている店内はロングカウンターと広めのテーブル席があり、最初にメニューをもってきてくれる。知てて当然と、メニューが無い店も多いが、色々と酒を楽しみたい自分のようなタイプ、リストを眺めているだけでも楽しく、非常に好感が持てた。明細ももらえるため、何にいくらかかっていたのかが分かるのは、会計が明朗で安心できる。BARは初回のフィーリングが大事だと思っているが、ここは満足度が高く、落ち着いて酒を楽しめる雰囲気がある。また寄らせて頂こう。
    投稿者:梟の森 (40代/男性)
  • ※BAR-NAVIにおける投稿に関して、グルメガイド・BAR-NAVI事務局およびサントリースピリッツ株式会社、サントリー酒類株式会社は一切の責任を負わないものとします。内容の真偽に関するご判断は、ご利用者に委ねられますのでご了承ください。

そのほかのクチコミを見る

J’s Bar:有楽町
地図

バーにいってみたい方へ

おすすめコンテンツ