女性のための、とてもわかりやすいバー講座「カウンター学のススメ」Series1 ファッション感覚で愉しもう

東京・銀座 Bar Chase篇
「ジャズ・ライブを味わう」
写真・川田雅宏

世代間交流が生まれる場

 3回にわたりファッション感覚、ライブ感覚でバーを体験してみよう、とお伝えしてきました。シリーズ1の最後はまさにライブのお店、月に1度、ジャズ・ライブが愉しめる東京・銀座にある「Bar Chase」をご紹介します。
 ジャズのお店としての話をする前に、日本を代表する歴史を誇る商業エリアである銀座らしい、女性客同士の触れ合いをご紹介します。
 銀座のファッショナブルで粋な香りはいつの時代も人を惹きつけます。長く銀座通いをつづける方がたくさんいます。バーにも、何十年とこの町を愛する方々がたくさんいます。そして、ひとりカウンターで素敵な時間を過ごす年配の女性客が多いのも特長的です。
「ひとりでお見えになる年配のご婦人は、世間話に興じながら二、三杯粋に飲んで、さっとお帰りなられる。奇麗な飲み方をされます」
 「Chase」の中村誠吾さんはこうおっしゃいます。60代、70代のご婦人が中村さんのサービスされるお酒と会話を愉しみにいらっしゃっているようです。
「若い女性のお客様が、大先輩のご婦人とカウンターでいつの間にか親しく会話されるようになり、素敵な世代間交流が生まれる様子を何度も見てきました」
 中村さんのお店で顔馴染みになり、若い女性がそのご婦人に連れられて他のバーや飲食店を訪ね歩いたりして、新たな行きつけの店が生まれるといったこともあるようです。お話を聞きながら、こういうお店を探していくことでバーへの関心がひろがり、女性ひとりで訪ねることへのためらいが消えて行くように思えます。

「町が色褪せないのは、こんなところにもあるのではと思ったりします。女性に限ったことではありませんが、20年、30年と銀座通いをするうちに、自分が得たものをまた次の世代に伝えていく、その繰り返しがあって町が成り立っているような気がしますね」
 古い暖簾を守りつづける店がある中で、世界的な高級ブランドショップが進出しつづける銀座。時代の先を読みながら町は変貌しつづけます。でもいつの時代も銀座が銀座であり得る理由は、変貌を見守りつづける人がたくさんいるからなのでしょう。そして見守りつづけている人たちに受け入れられないものはやがて消えていく運命にあるのではないでしょうか。こうして銀座の香りは保たれているのでしょう。

一杯の満足感を求める

 「Chase」にいらっしゃる女性客に好まれているカクテルはなんでしょうか、と中村さんに伺いました。
「シャンパンとフレッシュフルーツを使ったカクテルがよく出ます」
 そうおっしゃって、いまの季節最も女性に人気の高い、パッションフルーツを使った「シャンパン・モヒート」をつくってくださいました。ミントの葉、パッションフルーツ、シャンパンにライムジュース、シロップが材料です。
 フルーティーな甘酸っぱさに、シャンパンのしなやかさ、ミントの爽快感が見事に調和したクールな一杯です。シャンパンが使われていますので値段は¥2,000と高価なカクテルなのですが、非常に人気が高いそうです。
「女性のお客様の多くは、たくさんの量を召し上がられる訳ではありません。少々値段は高めでも、一杯の満足感のほうを求めていらっしゃるのではないでしょうか。甘酸のバランスがよくてすっきりとした味わいが好まれます」
 椅子、テーブルを含め、アンティーク調のしっとりとした質感がお店にはあります。カウンターの奥にはピアノが置かれています。実はこのカウンター、月一回のジャズライブのときには開く仕掛けが施してあり、ピアノを移動して小さなステージに生まれ変わります。
 現在第一線で活躍しているジャズメンが毎回登場し、いつもの「Chase」に流れている空気感とは、すべてが一変します。それをこころ待ちにされている女性客もいらっしゃるほどです。
 普段もジャズが流れています。通常のバーでの音量より少々高めです。ジャズを聞きながら、ひとりに浸り、ときに世代間交流をしてみてはいかがでしょう。これこそ非日常のライブ感覚、いつもと違うファッショナブルな夜の愉しみ方です。

「Bar Chase」だけでなく、東京・銀座エリアには素敵なスタンダード・バーがたくさんあります。
BAR-NAVI検索からあなたが惹かれたバーへ、是非一度訪ねてみてください。
尚、「Bar Chase」中村誠吾さんには、Series 2(11月末)に再登場いただきます。

バーテンダー・中村誠吾
パッションフルーツ・
シャンパン・モヒート
 
Bar Chase 104-0061
東京都中央区銀座8-6-19
渡辺ビルB1F
Tel.03-3572-5366
18:00~3:00
(7月 8月土日祝のみ 15:00~0:00)
年中無休

「カウンター学のススメ」Topページに戻る