女性のための、とてもわかりやすいバー講座「カウンター学のススメ」

Series2 お気に入りのバーを見つけよう

東京・銀座 Bar Chase篇
「音楽とともに夜に溶ける」
写真・川田雅宏

心地よい風のような音楽

さて、もう何軒かのバーには行かれましたか。それともまだでしょうか。いつもと違う時間、自分自身を見つめリセットする場としてバーの効用、カウンター席の効用をお伝えしてきましたが、今回はお酒と音楽で心地よくなっていただきたいと思います。 銀座「Bar Chase」は月1回、ジャズ・ライブが開かれているバーです。こう聞くと、なんだか通の方々ばかりが集うお店じゃないのだろうか、と身構えてしまわれるかもしれません。でも「Bar Chase」はジャズファンだけの特別なバーという訳ではありません。もちろん通常の営業時もBGMにジャズが流れています。ただ、それはあくまで心地よい酔いの世界へ誘うためのエッセンスのひとつであり、まったくスタンダードなバーといえるでしょう。
「ジャズを流していますが、マニアックな選曲はしていません。どこかで聞いたことがある、といった耳に馴染みやすい曲が多いですし、そのほうがお客様もリラックスできるのではないでしょうか」
バーテンダーの中村誠吾さんはこうおっしゃいます。特別な意識が働くことなく、心地よい風のように、やわらいかい空気感を生む効果として音楽があるのです。 友人と飲むときは語り合い、ひとりのときはお酒と音楽に身をゆだねながら自分の世界に浸ることができます。カウンターでのこうした時間を過ごすことこそ煩雑な毎日を送る現代人にとっては必要であり、癒しになるはずです。

女性限定のボトルキープ・システム

いま中村さんは、女性にウイスキーをすすめていらっしゃいます。 年内は「シングルモルトウイスキー山崎」「シングルモルトウイスキー白州」のハーフボトル(350ml)を、どちらも女性限定¥3,000というリーズナブルな価格でボトルキープできます。キープも1年間有効という随分とお得なシステムです。
「ウイスキーを飲み慣れていない、とおっしゃる女性の方々に、まず入門篇として飲みやすいシングルモルトから親しんでいただこうと思っています。ウイスキーは心身をやさしく解きほぐし、ゆったりとした時間を過ごすのに最適なお酒ですので、是非お試しいただきい」
キープした次回からは¥1,000のセット料金(チャージ¥1,000別)でいいそうです。またキープボトルだからといって、ウイスキーを自分でグラスに氷を入れてオン・ザ・ロックにしたり、自分でハイボールや水割りをつくったりといったこともなく、すべてバーテンダーのサービスで味わえるのでご安心ください。カクテルにして味わいたい場合は1杯¥500でいいそうです。 そう聞いて、「白州」のハイボール、別名“森香るハイボール”のアレンジをオーダーしてみました。中村さんは、南アルプスの甲斐駒ケ岳の麓、世界でも珍しい深い森にたたずむ白州蒸溜所で生まれたウイスキーを入れたグラスの底でフレッシュミントをつぶし、「ミントジュレップ」の爽快な味わいに仕上げてくださいました。都会のバーのカウンターに居ながらにして、自然の中に溶け込んでいるようなこころ持ちになるのが不思議です。 季節の味わいのカクテルも、キープしたウイスキーで味わえます。中村さんは「山崎」をベースに栗を使ったカクテルをつくってくださいました。 茹でた栗をつぶして、「山崎」とバニラシロップ、生クリームを加えてブレンダー(ミキサー)で仕上げたものです。「ウイスキー・モンブラン」と名付けられていますが、まさに飲むデザートでした。甘く優しい栗の風味に「山崎」がフワッと柔らかく寄り添っています。こちらも余韻が意外にあっさりとしていて爽やかで驚かされました。そしてこのカクテルもキープした「シングルモルトウイスキー山崎」のハーフボトルからつくられますので、1杯¥500で味わえます。12月はカボチャやサツマイモを使ったカクテルが人気となるそうです。 ウイスキーはストレート、オン・ザ・ロック、水割り、ハイボールといった定番の飲み方だけでなく、こうした果物をアレンジしたデザートカクテルでも愉しめることを発見しました。心地よい音楽とともに優しいウイスキーの香味に誘われながら、夜にゆっくりと溶けてみるのも素敵です。

「Bar Chase」だけでなく、東京・銀座エリアには素敵なスタンダード・バーがたくさんあります。
BAR-NAVI検索からあなたが惹かれたバーへ、是非一度訪ねてみてください。 尚、「Bar Chase」中村誠吾さんには、Series 3(3月末)に再登場いただきます。

バーテンダー・中村誠吾
白州森香るハイボール
ウイスキー・モンブラン
Bar Chase104-0061
東京都中央区銀座8-6-19
渡辺ビルB1F
Tel.03-3572-5366
18:00~3:00
年中無休

「カウンター学のススメ」Topページに戻る